損 害 額 の 計 算 例
(例) 工場を全焼し、今,復旧工事中で、利益保険を再建中支出する経費
の資金にしたいと思います。 保険申込証には3ヶ月のてん補期間で付
保項目として人件費を付保しており、保険金額は4千万円です。
 4千万円の保険金の支払いがあるでしょうか?
 工事は、完全にストップしています。
(回答)この工場の1年間と3ヶ月間の損益が次のようであったとします。

    項目          決算年度(1年3ヶ月の損益)の損益
   売上高                 24000         6000
   売上原価               14000          3500
   (内経常費)              (4000)        (1000)
   (内人件費)              (2800)        ( 700)
   販売費及び一般管理費        6000         1500
   (内経常費)              (4000)        (1000)
   (内人件費)              (2000)        ( 500)
   営業利益                4000          1000
 罹災直前1年間の売上高   25000

  支出を免れた付保経常費はなかったとします。
 罹災して3ケ月間休業し、売上高がゼロのときは次のようになっているはずです。
 実際の損害額と利益保険の支払額とを計算してみます。

    項目          3ヶ月間の損益           罹災期間
   売上高             6000                   0
   売上原価            3500                1000
   (内経常費)         (1000)               (1000) 
   (内人件費)         ( 700)               ( 700)        販売費及び一般管理費     1500                1000
   (内経常費)         (1000)               (1000)
   (内人件費)         ( 500)               ( 500)
   営業利益            1000               ー2000
   
        1年間の付保項目の合計額  人件費4800
利益率=     1年間の営業収益  24000         =20%

        営業利益4000+経常費8000 
損害率=   1年間の営業収益 24000        =50%

収益の減少    利益率   支出を免れた経常費     喪失利益
  6000  ×   20%  −    0        =    1200 
  
  結果の1200は罹災期間の人件費1200に一致します。
 人件費だけを付保したのでこのような結果になります。
実際の損害は人件費以外にも発生しており、次のようになるはずです。

収益の減少    損害率   支出を免れた経常費     損害額
  6000  ×   50% −      0       =    3000
この額は3ケ月間の経常費2000と罹災がなかったならば得た3ヶ月間の
営業利益1000の合計額です。 あるいは罹災のための営業利益1000が
損失2000になった減少額3000です。
利益保険は実際の損害額とは別に、さらに付保率を計算して最終的に支
払う保険を確定します。付保率の計算は次のようです。   
                                        付保率    
           保険金額  4000                =80%
   保険価額5000(年間営業収益25000×利益率20%)

付保率がなぜ80%なのかは、売上高が増収傾向にあったことも一因ですが
当初から保険金額4000が少なかったことが大きく影響しています。

    喪失利益      付保率       支払保険金
    1200   ×    80%    =   960
 支払保険金を実際の損害額とするには、営業利益と全経常費を全部付保
すること保険金額を年間の付保項目の合計額とすることです。(そのとき営業
収益の増減の見込みを考慮することが必要です。)

以上のようなケースの他にその企業によって損害額は異なりますので、
ご相談下さい。