利  益  保  険  の  内  容
罹災のための失われた利益の損害に対して支払われる保険です。
てん補期間は任意に定めることができますが、最長1年となっています。
1年の範囲内で申込時に期間を定め、その定められた期間を約定てん補
期間といいます。利益保険とは約定てん補期間内において生じた利益の
損害を対象とします。
利益保険の対象となる項目は、営業が阻害されると喪失することのなるも
の、すなわち2項目です。
 @営業が阻害されても罹災前と変わらず発生する経常費と
 A営業が阻害された結果獲得できなくなった営業利益です。
利益保険の申込者はこの2項目の範囲内で、付保する内容を選択します。
選択された項目は付保項目となります。
通常は@、Aを付保しますが、部分的に付保することもできます。

 罹災による損害額は、直接付保項目の損害をみるのではなく、収益の
減少から付保項目の 損害を算出する構造になっていますので営業収益
の減少は、標準営業収益からてん補期間における実際営業収益を控除
して計算します。てん補期間は損害を受けた時期に始まり、営業収益が
0前の状況に復した時に終わります。ただし約定てん補期が限度です。
標準営業収益は、てん補期間の前年の応当期間の実際営業収益とする
のが原則です。
 収益減少額に利益率を乗じて得られた額が喪失利益です。
ただし付保経常費のうち支出を免れた額がある場合には、その額を差し
引いた額となります。したがって喪失利益は次の算式で表されます。

収益減少額×利益率ー支出を免れた付保経常費=喪失利益


 特別に支出した費用で収益の減少を防止できたなら、喪失利益の軽減
に代わって発生した損害とみられるため、この費用を収益減少費用として
利益保険の対象とします。 結局、利益保険は喪失利益と収益減少防止
費用が対象になります。
利益保険には2つの約定方式があります。
 @約定てん補期間を定め、その期間内に生じた罹災が原因の利益の
   損害をてん補する方式(約定てん補期間方式)
 A一定割合の保険金額までを1年内の範囲でてん補する方式
   (約定付保割合方式)
 保険金額の設定が過少な場合には、保険の原則どおり、比例てん補の
適用を受けます。 保険価額に対する保険金額の割合を付保率といいます。
以上を算式にまとめますと次のようになります。
 
   (喪失利益+収益減少防止費用)×付保率=支払保険金





{(収益の減少額×利益率ー支出を免れた付保経常費

+収益減少防止費用 ×(保険金額÷保険価額)=支払保険金